さり気なく沈む 夕日を見て
悔しくて泣いたあの涙を 腕で拭い去り誓った
あの日あの時の 夢を今も見ろ

そっと沈んでいく 夕日を見て
悔しくた泣いたあの涙を 腕で拭い去り誓った
あの日あの時の 夢を今も見ろ

何時の日か見た ガキの頃見た 夢もだんだん薄れていった消えてった
次第にすれてた 青年時代に 未来への期待から 諦めへの理解が
生まれた 踏まれた 雑草の如く 何よりも強く 居るはずがもろく
はかなく 崩れ去った あの船 描いては消える 真っ赤な夢
手放し フラつきながらも 目指す方向は 指先の向こう
遥か彼方の山の頂上突き刺した 夕日の見える丘の上から
今から いや 今だからこそ 悔しさをバネに 一層羽ばたこう
そう誓った あの日 馬鹿な俺が居た
あの日の証に 真赤な夕日に


涙流すこと 負け多いほど 勝つときの喜びでかくなるもの
決して倒れないこと 負けないこと より大事倒れても 起き上がること
YO!君に心の太陽 陽と陰 浮き沈み創り出す
今日 夕日も沈もうとも 明日また君らを照らす
西の空が 赤く染まる いつの時も相変わらず
地平線が横に伸びる 明日に長い影が伸びる
時に友と共に歩き 方を組んで夢を語り
今日も西へ沈む 夕日 眺め誓いたてた明日に
夕日を背に丸めた肩 言うくせに出来なかった
誰のせいにしなかった この手にぐっと掴んだ
汗まみれ 泥まみれ になり走れ
見たい夢 今日だめなら 明日頑張れ


君が沈みだす頃 俺ら動き出す 1日の終り つまりそれは始まり
ネクタイ締め 眠たい目で ぜんまいの切れた
あの頃の俺が見てたよりも君はまぶしい
もう夕方だが身体ガタガタだな
なんて言ってる奴ら言って間に動き出せ
己再燃焼 とれよファイティングポーズ
俺はもち内股でも やっぱ打ち勝った
地道ながら 力みながら いち物をいじりな
ちびりながら いい日だなと この時を感じな
ガンガン踏み出せ ワンパン繰り出せ
呆然と防戦から頂点挑戦へ
やる やらない足らないは 己次第
勝つ 勝てない立てないは 想い次第
額に汗かけ こんな時代だぜ
痛い 壁だぜ このまま打ち崩そうぜ