2011年10月19日水曜日

エネゴリ君

なんか真面目な話はガラでもないが、

先日エネゴリと帰った時に、
あいつが言っていた一言が頭から離れない。


色々辛いことあった。
乗り越えてきた。
本当にチャレンジャーズが楽しい。
素晴らしい仲間、経験。
俺たちの時間は限られている。
今しかいることのできないこんな素晴らしい時間を、誰にも邪魔されたくない。って。

大橋、


窓から見える淡路島と広大な海を、
あの時俺はまともに見れなかったよ。

男は常に前進あるのみ。

何かいいことあるぜ。

共に進もう。