2009年10月20日火曜日

立命館‐関大戦

先日、関西学生リーグの立命館対関大の試合がありました。
立命館は相変わらず全勝。
関大は関学を倒しノリに乗って全勝で
全勝同士の対決で事実上の決勝戦でした。


私は、練習後に
関大OBの和久と中西と高谷で
すぐさま京セラドームに向かいました。

つくと後半戦。
めちゃくちゃいい試合をしていました。

しばらく見ていると、
関大はノリに乗っており、
立命は力負けしていました。

大学を卒業して結構立つので
客観的に観れるといえば観れますが
さすがに目の前で母校が負けるのは嬉しくありません。

しかし、関大の気迫あるプレーと強運さと楽しんでいる姿に
感動しました。

結果は立命館の敗北。
何年ぶりの敗北だろうか。
立命のおごりもあったとは思うが、
完璧な力負けだった。

本当におめでとうございます!
これだからアメフトは面白い。

どこのチームがかつかわからんし、
ドラマがあるからスポーツは面白い!
特にアメフトは!

立命もまだ残り試合もある。
あきらめずがんばってほしい。
負け試合にこそ学ぶことは多い。
信じれば叶う。
私は最後まで立命館を応援します。

相馬、浅野、がんばれ!!!!!!!!



日本のトップリーグで100点ゲームがあるのはアメフトぐらいやろーか。
力の差が大きく、能力のある選手が偏っている。

私からしたら何がおもろいんやろーと思いますが、
少しでもファンを増やすためにも
僕らに与えられた使命がある。

自分のためだけ、自分のチームのためだけではなく、
僕たちのスタイルで、観戦する人を魅了させれるよう
邁進していきたいと思っています。

雑草魂に花を咲かせます。

MOVE!!